このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年4月新卒

山本 晃平

介護スタッフ
大学(日本福祉大)を卒業後、新卒でホーム・スイートホームきらりに入社。

【お休みの日の過ごし方】
映画館に行ったりしてリフレッシュされているのだそう。
温泉巡りをしたり、古民家カフェに行ったりしてリフレッシュされている介護スタッフもいるのだとか。
介護スタッフ/山本 晃平

新卒入社するまでの経緯

高校が福祉科だったんですが。
履修科目で、介護福祉ってなんだろうって感じたこともありますが、
高齢者・障害をお持ちの方・児童福祉…と幅広い知識を勉強していくにしたがって、もっと…なんでしょう、”深いところ”に興味を持ち始めて。

自分のいた福祉科の先生が、日本福祉大出身だったんですよね。
それで、福祉の道にこのまま進むなら、自然と日本福祉大と考えていて。
それから、実際に日本福祉大へ。
介護福祉士の資格は、入社してからの実務者研修で取得しました。

その後は、学んだ知識を活かすためにはどうしたら良いのか自分なりに考えて。
生活の場である「施設」は、たくさんの人と触れ合えるという点にとても魅力を感じ、最終的に就職先を決めました。

選んだ理由とやりがい

Q:なぜ「ホーム・スイートホームきらり」を選んだのか?

事前に施設見学をした際に、スタッフと利用者様が風船ゲームをしたり、輪投げしている場面を見て。
それがとても楽しそうに感じて、決めました!

Q:今まで高校や大学で福祉を学ばれてきたのなら、不安や心配などはなかったのでは?

不安などはなかったのですが、今まで大学の机上で学んできたことが、必ずしも正解ではなくって。
利用者様ごとに、その都度臨機応変に対応していかなければいけないなと感じたこと、そして個別ケアに慣れるまでが大変でした。
介助していても、これで合っている(正解なの)かも分からないですし。

でも利用者様の笑顔とか「ありがとう」という言葉から、自分のやっていることに対して自信が持てるようになり、それが喜びとなり、やりがいになっています。

苦労することは?

苦労ですか?
…2つあります。

まず1つは、スタッフ間の連携、です。
介護の仕事って、多職種のスタッフが連携していくのですが、やはりその連携の難しさ。
介護スタッフの他に、看護スタッフ、厨房スタッフ、機能訓練士などなど、本当に沢山の職種のスタッフと連携していくのですが。
目指すべきものは同じゴールなのですが、それぞれの立場や意見がやはり違うので(違って当たり前なのですが)、その上でどう連携していくか、という難しさですかね。

もう1つは、スタッフの育成、ですね。
新人のスタッフが入ってきた時に、自分の想いを伝えても、まだ相手は慣れない環境の中なので。
いかにどう伝えていくか。
特に新人指導が難しいなと感じます。

将来の夢は?

積極的に研修にも参加して、引き続き利用者様やご家族と触れ合うと共に、介護スタッフとしての経験をより一層積んでいきたいですね。
そして、いずれケアマネの資格を取りたいなと考えています。
何より、得た知識やスキルを、スキルアップしていきたいなと。

Q:社内での研修では実際にはどんなことを?

月に1~2回、全体会議があるのですが。
そこに外部講師などをお呼びして、知識の向上を目的とした研修があります。

先日受けた研修では「感染症」に関してだったのですが、項目に沿って学んでいきました。
そういった専門的な知識を学ぶことで、食事介助などでも活かしていくことができるので。
定期的にこうした研修があるので、とても勉強になりますね。

どのような方が介護士としてピッタリですか?

実際働いているうちの介護スタッフも、人と接することが好きな方が多かったり、話すことが好きなスタッフが多いので、そういった方は介護士にピッタリだと思います。

ホーム・スイートホームきらりには男性の介護スタッフが9人もいるのですが、それもあるからなのか、スタッフ同士は和気あいあい、明るくって、とにかく楽しいです。
そういった環境なので、人と接することが好きな方や、話すことが好きな方、明るい方は大歓迎ですね!

新卒入社より中途入社の方が多いですが、(私みたいに)学校で学んでなくても、全然大丈夫ですよ!

季節のイベントも、事前にスタッフが協力して準備から進めるのですが、当日は利用者様と一緒にスタッフも参加して楽しんでいます。そういうことも大好きな方にはピッタリですね。
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

ヘルパーに関連する求人票を見る